正社員and主婦のゆるバリ日記

ゆるキャリになりたいけどバリキャリの道を歩んでいるアラサーOLの日記

計画無痛分娩で出産しました(出産レポート)

ごきげんよう。ありすです(*^^)

 

先日、無事に第1子を計画無痛分娩で出産しました!

計画無痛分娩はどんな感じだったのか…というのをまとめたいと思いますヾ(≧∇≦)

 

麻酔について

硬膜外麻酔を院長先生が行いました。特に麻酔科の先生がいる産院ではありませんでした。

 

出産日について

妊婦健診で様子を見ながら入院する日を決めるのが通常のやり方だそうです。

私は38週目の妊婦健診で「もう産まれてもおかしくない」と言われ、そのまま入院→出産となりました。

もともと、切迫早産で子宮頸管も短くなっていたし、37週の妊婦健診ですでに「子宮口が指2本分開いている」と言われていたので、いつ産まれてもおかしくない状態でした。

 

実際の分娩について

子宮口が全開になっても余裕がありました。

むしろ、お産のあいだにお腹が空いてご飯を軽く食べてました。

 

いきむタイミングは、お腹の収縮にあわせていました。

呼吸の仕方も、助産師さんの指示で一緒に「フーッ」と言ってくれたのでやりやすかったです。

ドラマでよく見る「痛みで叫ぶ」ようなことは一切なく、終始冷静で、赤ちゃんと自分と立ち会った旦那、担当した助産師さんとの一体感があったお産でした。

 

無痛分娩は楽なのか!?

痛くないから楽してる…みたいなこと、ネットにありますよね。

 

無痛分娩が楽してるなんてことは、全くありません!!

 

自然分娩だろうが無痛分娩だろうが、いきまなきゃ赤ちゃんは出てこれませんヽ(゚Д゚)ノ!!

いきみ方は、もちろん自然分娩も無痛分娩も同じです。

 

痛みがないから愛情をもてないのか!?

これもよくある、特に自然分娩と帝王切開を比べられたときに言われることですね。

 

赤ちゃんに愛情をもてるかどうか、分娩方法と関係ありません(個人的な感想)!

 

育児は大変ですが、かなりの親バカになっています(*´∀`)

このブログでは「親バカ」を出したくないので、控えておきます。

 

 

お産を振り返って

無痛分娩は自然分娩よりお金がかかります。

ですが、お産のあいだも赤ちゃんのことを考えられる余裕があって、思い出に残っています。

もし第2子を授かったら、また計画無痛分娩で産みたいなと思っています。

 

そして…少しでも無痛分娩に対する偏見や思い込みが世間からなくなってくれればいいな…

そう思います。

 

何か書き足りてないことがあったら、随時この記事を更新します(*゚▽゚)ノ